カップルの会う頻度は減った??なぜそうなったのか??

カップルの会う頻度は減った??なぜそうなったのか??

 

付き合った当初はよく会っていたのに、だんだんと会う頻度が減ってくると、その理由が気になってきてしまう、という人もいるでしょう。

実は、カップルの会う頻度が減ってしまうことはよくあることなのです。

今回は、どうして頻度が減ってしまうのかをまとめてみました。

 

スポンサードリンク

関係が安定してきた

カップルで会う頻度が減ってきてしまうと、そのことをどうしてもネガティブに捉えがちですが、実は関係が安定してきたから以前よりも会わなくなった、というカップルは多いものなのです。

絆や信頼感がしっかりあると、会わなくても安心していられるという心理の表れでしょう。

 

付き合った当初は頻繁に会うカップルは多い

カップルは付き合い始めると、まだお互いのことを良く知らなかったり、些細なことで喧嘩してしまったりし、会う頻度も多くなります。

時には仕事や学業を犠牲にしても、お互いの関係を深めていくために無理をして会ってしまうこともあるでしょう。

けれど付き合って数か月、半年など一定の期間が過ぎてくると、付き合った当初のように頻繁に会わなくても喧嘩をしなくなったり、お互いに好きだということがちゃんと分かっていたり関係が安定してくるのです。

「最近会う頻度が減った」と感じている人は、付き合った当初に会いすぎていたのかもしれませんね。

 

お互いのペースやスタイルが分かってきた

カップルの中には付き合ってすぐにはなかなかお互いのことが分からず、とくにどうやったらデートのペースができるのか悩んでいた、というカップルもいるでしょう。

けれどしばらく経つと、「この曜日は比較的会いやすい」、「週末はまとまった時間がある」などお互いのペースやライフスタイルが見えてきて、定期的に会うようになります。

付き合った当初には何が何でもお互いの時間を無理してまで合わせ会っていたから、関係が安定してきて会う頻度が減ったように感じてしまうのです。

自分たちのペースで定期的に会えているのであれば、会う頻度が減ってしまっても気にする必要はないはずです。

 

関係がマンネリ化してきた

会う頻度が減ってきたカップルの中には、1年などある程度付き合った期間が長くなったことで、関係がマンネリ化してきてしまった可能性もあります。

このままマンネリ化が進むとさらに会う頻度は減っていくかもしれません。

 

特別なことがなければ会う必要がなくなった

カップルの中には喧嘩をしたら会う、「寂しい」と感じたら会うなど、ちょっとした気持ちの変化で会っていた人もいるでしょう。

けれど長く付き合っていくと、だんだんとお互いに一緒にいることが普通になってきてしまい、定期的なデート以外は会わなくてもいい状態になってしまうのです。

これがマンネリ化で、マンネリ化が進むと会う頻度は減り、デート内容もパターン化し、どちらの家に泊まるかなども習慣の一部となってきます。

関係がマンネリ化してきても、好きな気持ちがあることは変わらないと思うので、マンネリ化を解消することができれば、会う頻度がこれ以上減ることを食い止めることができるかもしれませんね。

 

以前よりも会いたいと思わなくなった

カップルの中には付き合った当初はつねに会いたいと思っていたのに、だんだんと以前よりも会いたいと思わなくなったカップルもあるでしょう。

お互いに新鮮さがなくなり、関係が落ち着いてきた時に、気持ち的にマンネリ化が進んできてしまった証拠です。

このまま気持ちが離れていくと会う頻度はどんどん減り、やがて自然消滅してしまったり、どちらかが浮気に走ったり、別れることになりかねません

相手の大切さや当たり前のように一緒にいられることに感謝し、マンネリ化を打破すると、また会いたいという気持ちが強くなるかもしれません。

 

スポンサードリンク

経済的な負担が大きい

デートでは新しいデート服を買ったり、食事やアクティビティーにお金を使ったりすることも多く、正直お金がかかりますよね。

カップルで会う頻度が減ってしまうのは、二人で会うと経済的な負担がかかってしまうことを避けたい、という気持ちの表れという場合もあるでしょう。

 

毎回のデートでお金がかかりすぎていることに気が付いた

カップルが会う頻度が減ってきた時に考えたいのが、今までしてきたデートがお互いの負担になっていないかです。

デートのたびに数万円使う、新しいデート服を買ってしまうなど、お互いが楽しむためにお金をたくさん使い、そのことで苦しむようになっているカップルは多いものです。

どちらか、または両方がその経済的な負担に気づき、意識的に「会うのは週1にしよう」などコントロールしなければいけない状況になっている可能性もあります。

また毎回どちらかがおごっていることに後ろめたさを感じ、「これ以上経済的な負担になることは避けよう」としている人だっているでしょう。

お金がなくてもできることや自宅デートなど過ごし方を見直してみると、今よりもずっと気楽に会えるようになるかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

休みたい気持ちが強い

カップルの中には、相手のことは好きだけれど今は休みたい、と言う気持ちが強く、あまり会いたくないと思っている人もいるでしょう。

そうなってくると会う頻度はどんどんと減ってきてしまいます。

 

時間が合ったら寝ていたい

恋愛は関係なく、仕事や趣味が忙しいと睡眠時間も削られてしまうことは誰にだってよくありますよね。

睡眠不足が続くと恋人に会う余裕もなくなっていき、「時間が合ったら寝ていたい」と思い、実際にそうしてしまう人だっているでしょう。

カップルの会う頻度が減ってしまうのは、休みたい気持ちが強い時期にいるせいなのかもしれません。

ここでしっかり休めば、また会う頻度が少し増えるかもしれないし、お互いに恋愛を楽しむ余裕も生まれてくるかもしれません。

お互いの状況を理解し、どちらかが「休みたい」と感じている時にはその気持ちを尊重してあげられるといいですね。

 

スポンサードリンク

どちらか、もしくは両方が別れたがっている

カップルのどちらか、または両方が「別れたい」と密かに思っていると、徐々に会う頻度が減ってきてしまうことがあります。

会ってしまうと別れを切り出されることにもなってしまうかもしれませんね。

 

別れられないから、せめて会わないようにしている

残念ながらカップルの会う頻度が減ってきた場合、どちらか、もしくは両方が別れたがっていることも多いものです。

けれど今は別れを切り出すタイミングではないと感じていたり、もう少し様子を見たかったりするため、せめて会いすぎないようにしているのです。

実際に会ってしまうとカップルらしくいちゃいちゃしてしまう、相手の意見に流されてしまう、など別れたいという本心にさからった行動をしてしまう人だっているでしょう。

会うペースが極端に減った場合には、お互いに気持ち的に離れていっていないかを確認してみるといいかもしれませんね。

 

まとめ

カップルの会う頻度が自然と減ってしまうことはよくあることです。

とくに付き合った当初よりも会わなくなったということは多くのカップルが経験することでしょう。

会う頻度が減ったことをネガティブに捉えるのではなく、自分たちの関係がどんなふうになっているかを考えるきっかけにしたいものですね。

きっと前向きに考えることができれば、会う頻度に関係なく、幸せに恋愛できることも多いはずです。

人に言えない相談って誰でも

一つや二つはありますよね。

一人で抱え込んでないで

誰かに相談する事したい

でも、誰に??

友達、親、恋人??

中々、相談しずらい内容だった場合・・・

どうしますか??

それなら電話占いと選択肢もあります。

「お金がかかるから・・・」「変な勧誘されそう」

勿論、メリットばかりではありませんが

しっかりデメリットを理解すれば

あなたの助けになるはず

ますはしっかり理解して無料から相談を

初めてみてください。

今だけの特別なキャンペーンもありますので

一度、見てみてください!

カップルカテゴリの最新記事