カップルのベスト身長差は?身長差別のメリット・デメリット

カップルのベスト身長差は?身長差別のメリット・デメリット

好きな人や恋人ができると気になるのが、相手との身長差ですよね。

あまりにも差がありすぎたり、逆に身長差がなかったりすると、本当に釣り合っているように見えるのかな?」と不安に思ってしまう人もいるでしょう。

今回はカップルのベストな身長差をまとめてみました。

 

スポンサードリンク

身長差30㎝のカップル


身長差30㎝と言うと、例えば女性が160㎝で男性が190㎝といった差になるので、かなり身長差があることが想像できると思います。

立って話す時などはどちらかが見上げる形になってしまうこともありますが、もちろん良いこともたくさんあります。

 

身長差30㎝のカップルのメリット「可愛らしく見える」

身長差30㎝のカップルのメリットは、女性の方が、身長が低い場合には、どれだけ高いヒールをはいても、30㎝の差はなくならないことです。

またそんなに身長が低くないのに、彼氏と一緒にいるだけで、小さくて可愛らしい」という印象を簡単に持ってもらうことができます。

 

身長差30㎝のカップルのデメリット「姿勢が辛くなってしまう」

一緒に立って話していると、背の高い方が下を見る、背の低い方が上を見る姿勢を続けるので、お互いに首や肩が痛くなってしまうことがあります。

また座ったとしてもまだまだ顔の高さが合わないので、話すだけでなく、キスするのも一苦労のことがあるでしょう。

 

身長差30㎝はベストとは言えない

メリットもありますがデメリットも多い身長差30㎝のカップルはベストとは言えないのが現実です。

とくに写真を一緒に撮ったり、並んで歩いたりすると差がありすぎてあまり釣り合っていないように見えてしまうものです。

もちろんヒールのある靴を履けばある程度の身長差は縮まるので、カップルの立ち姿がきれいな方がいいと思う人は、ヒールを履くなどして工夫をすると、身長差が気にならなくなるでしょう。

 

身長差25㎝のカップルのメリット・デメリット

身長差25㎝は、身長差30㎝とあまり変わらないように感じる人もいるかもしれません。

周りから見れば身長差25㎝のカップルもかなり身長差のあるように見えると考えておくと良いでしょう。

 

身長差25cmのカップルのメリット「キスシーンが絵のように美しい」

身長差がある程度あるからこそ、キスシーンがまるで漫画の一コマのようにきれいにできることがメリットとなります。

キスなんて人前でしないから関係ない、と思ってしまうかもしれませんが、結婚前の記念写真を撮る際などにも自然なきれいなキスシーンが撮れるので、身長差に感謝することになるでしょう。

 

身長差25cmのカップルのデメリット「背の高い方が苦労してしまう」

背の高い人が、背の低い恋人を人ごみの中で見つける際にはかなり苦労することとなります。

もちろん相手がある程度身長があれば大丈夫ですが、140㎝や150㎝台であれば見えにくくなってしまいます。

また一緒に手を繋いで歩いていても目線が合わないために、立ち止まるまではなかなかお互いの目を見て話すことは難しくなってしまいます。

とくに背の高い方からしたら、上から恋人を見下ろす形になるため相手の表情がなかなか見えません。

身長差25cmのカップルはベストとは言えないですね。

 

スポンサードリンク

身長差20㎝のカップルのメリット・デメリット

身長差20㎝のカップルのカップルは、例えば女性が160㎝、男性が180㎝といった身長差になるため、一般的にもよく見る身長差と言えるでしょう。

これぐらいの身長差が理想的」と感じるカップルも多いものです。

 

身長差20㎝のカップルのメリット「安心感も得られ、カップルのシルエットもきれい」

何といっても相手を抱きしめた時に背の高い方の胸に相手がぴったりと入るサイズ感です。

これは相手も自分も一番心地よいと感じる位置で、大きなメリットと言えるでしょう。

またヒールを履いた時でも10㎝ほどの身長差が残るため、二人で並んだ時にもきれいなカップルのシルエットができます

 

身長差20㎝のカップルのデメリット「同じものを使いにくい」

身長差20㎝のカップルはあまり一緒にいてデメリットに感じることも少ないかもしれませんが、あえて言うならばいっしょに使う家具の高さが多少合わないと感じることがあるでしょう。

背の高い方に合わせてキッチンやテーブルの高さを選ぶと、背の低い方にとっては非常に使いにくいと感じてしまうこともあります。

 

身長差20㎝は丁度よい

身長差20㎝のカップルはベストだと言えるほど、丁度良い身長差です。

とくに多少のヒールを履いても身長差が残るし、20㎝の身長差が安心感になることが多いからです。

背の高い方からしても、20㎝の身長差の恋人は話もしやすく、頭を撫でたり、顔を近づけたりすることも容易にできます。

首や肩が疲れてしまったり、身長差がなくて劣等感を感じたりすることもありません。

ベストな身長差のカップルを目指すのであれば、15㎝~20㎝ほどの身長差の相手を選ぶといいかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

身長差10㎝のカップルのメリット・デメリット


身長差10㎝は、同性同士であれば結構の差に感じるかもしれませんが、カップルであればそんなに身長差があるとは言えないでしょう。

もちろんメリットもデメリットもありますが、意外に10㎝の身長差は居心地がいいと感じる人も多いものです。

 

身長差10㎝のカップルのメリット「快適に一緒にいられる」

メリットとして、身長差が少ないために立っていても、座っていても目線が合いやすく、話していて呼吸が合うことが挙げられます。

あまりにも高いヒールを履いてしまうと身長差がなくなってしまう人もいますが、フラットな靴を履けば全く問題もありません。

 

身長差10㎝のカップルのデメリット「ヒールを履くと身長差がなくなってしまう」

ヒールを履くと身長差がなくなってしまうだけでなく、「背が低くてかわいいと思われたい」という女性、「背が高いと思われたい」という男性にとってはどちらの願望も達成することができません。

一緒に日々過ごしているだけでは、デメリットは感じにくいため、10㎝の身長差もベストな身長差に近いと言えるでしょう。

 

スポンサードリンク

身長差のないカップルのメリット・デメリット

世の中には、身長差のないカップルもいますよね。

自分の身長が低すぎるのか、相手の身長が高すぎるのかはカップルの考え方によるかもしれませんが、身長差がないことに悩むカップルは多いものなのです。

 

身長差のないカップルのメリット「共有できるものが多くなる」

快適だと感じる家具の高さや目線が一緒で快適に暮らしやすいということです。

また身長だけでなく体系もあまり差がなければ、上着やジーンズを共有することも可能になるというメリットがあります。

 

身長差のないカップルのデメリット「ヒールを履くと身長の高さが逆転する」

ただデメリットとなってしまうのが、ヒールを履いた時に身長差が逆転してしまうということです。

普段はフラットな靴しか履かないから気にならなくても、結婚式などでヒールを履くと自分の方が大きくなってしまうことにどちらもコンプレックスを感じることも出てくるでしょう。

自分の身長を抜いてほしくないからヒールは履かないでほしい、そんなことを恋人から要望されることも出てくるでしょう。

また背の高さがほとんど同じであるため、周りからカップルというより、友達同士が歩いているみたい、と思われてしまうこともあります。

身長差のないカップルはベストとは言えないでしょう。

 

まとめ

カップルのベストな身長差は、20㎝前後と言えるでしょう。

カップルにとっても、周りから見た様子もカップルとして理想的です。

もちろん身長差がありすぎても、身長差が全然なくても本人たちが気にしなければ、「身長差は関係ない」と思えることも多いものです。

誰かを本気で好きになったのであれば身長差はあまり気にしすぎない方がいいかもしれませんね。

人に言えない相談って誰でも

一つや二つはありますよね。

一人で抱え込んでないで

誰かに相談する事したい

でも、誰に??

友達、親、恋人??

中々、相談しずらい内容だった場合・・・

どうしますか??

それなら電話占いと選択肢もあります。

「お金がかかるから・・・」「変な勧誘されそう」

勿論、メリットばかりではありませんが

しっかりデメリットを理解すれば

あなたの助けになるはず

ますはしっかり理解して無料から相談を

初めてみてください。

今だけの特別なキャンペーンもありますので

一度、見てみてください!

カップルカテゴリの最新記事