年下男子が敬語からタメ口になった脈アリの心理!対策とNG行為!

年下男子が敬語からタメ口になった脈アリの心理!対策とNG行為!

スピリチュアルの女神 初回無料!!

無料分の鑑定でも文字数は最大2000文字

原稿用紙5枚分もの鑑定を受けることが出来ます!

個別メール占いサイト「スピリチュアルの女神」は復縁や不倫、片思いといった恋愛の悩み相談に強いサイトです。

在籍しているのは厳しい審査を通過した占い師のみなので、信頼性も高く、鑑定満足度も90%を超えています。

なかなか人には打ち明けられない悩み、ひとりで抱え込まずに、まずは一度ご相談ください。

年下男子が敬語からタメ口になった脈アリの心理!対策とNG行為!

今まで敬語で話していた年下男子が、急にタメ口で話してくるようになったら気になりますよね。
「自分に気があるのかな?」と咄嗟に思ってしまう人もいるでしょう。
年下男性がタメ口を使ってくる、ということは脈ありのサインなのかもしれません!
今回は、そんな年下男子の心理を知り、恋愛に繋げるための方法を紹介します。

年下男性と付き合うメリットデメリット!年齢は気にしないで!!

スポンサードリンク

年下男子の敬語からタメ口脈アリ心理①タメ口を使うのはなぜ?

年下男子が敬語からタメ口になった脈アリの心理!対策とNG行為!

友人でも同僚でも、女性の方から、「タメ口でいいよ」と言わない限りは、ほとんどの年下男性が敬語で話してきますよね。
そんな中で、年下男性がタメ口を使ってくるのには理由があるはずです。どんな心理が隠されているのでしょうか。

気を許している

敬語からタメ口になるのは年下男性があなたに対して気を許している証拠です。
もう何年も友人関係が続いており、定期的に会っている場合や、悩み相談など親密な話もする関係であれば、年下男性にとって、信じている相手だからこそタメ口を使うのです。
「タメ口を使っても許される関係」と感じているのでしょう。

特別な女性だから

年下男性が敬語を使わなくなるのは、特別な女性であるからです。
もしかしたら男性自身もまだ自分の気持ちには気づいていないのかもしれません。
けれど「もっと仲良くなりたい」、「対等に話したい」そんな心理が強くあるからこそ、ついつい敬語ではなくタメ口で話してしまうのです。
敬語で話さなければいけない間柄であっても、あえてタメ口で話すということは、勇気がいることなのです。
そんなリスクを背負ってタメ口を使うということは、よっぽど女性との関係が特別だ、と感じているからでしょう。

恋愛対象として見てほしいから

女性に自分を恋愛対象として見てほしい、という心理があるからこそ、敬語をやめ、タメ口を使い始める年下男性もいます。
いつまでも敬語だと友人や同僚などとしては仲良くできても、それ以上距離が近づかないこともありますよね。
そんな状況から脱するためにもタメ口を使って、自分のことをアピールしているのです。
敬語よりタメ口の方が、さらに女性に甘えやすくなり、プライベートな話もしやすいですよね。
そこが男性の狙いです。

年下男子の敬語からタメ口脈アリ心理②タメ口を使うタイミング

年下男子が敬語からタメ口になった脈アリの心理!対策とNG行為!

年下男性が敬語からタメ口になるのはどんな時なのでしょう。
脈アリか、そうでないかを見極めるためにも、男性がタメ口になるタイミングをチェックしましょう。

2人きりの時

年下男性によっては周りに人がいる時には敬語で、二人きりなるとタメ口になる人もいるでしょう。
脈があるからこそ、二人になった時に最大限自分をアピールしているのです。
そんな男性は、最初は二人きりの時にタメ口で、時間が経つにつれ、どんな時も敬語ではなくタメ口になることも多いものです。
二人きりの時だけタメ口なうちは、まだ男性に迷いがあるため、恋愛へ進めたい場合には、女性の方からもしっかり行動すると良いでしょう。

LINEでのやり取りをしている時

普段直接話している時には敬語なのに、LINEでやり取りしている時だけタメ口になる人もいるでしょう。
年下男性は、あなたの顔を見るとタメ語で話す勇気はないけれど、LINEであれば男らしく強気でタメ口になれるのです。
そんな男性はデートの誘いもLINEで行うなど、かなり奥手のタイプです。
けれど脈がまったくないわけではないので、LINEでのやり取りを上手く使って、デートを誘うなど上手く関係を深めていきましょう。
実際に会ったタイミングで、「もう敬語は使わなくていいよ」とさりげなく言ってあげると良いでしょう。

他の人がいる時

他の人がいてもタメ口を聞く場合や他の人がいる時だけタメ口になる男性は、相当あなたのことが好きで、周りの人にもそのことを気づかせるためにタメ口を使っているのでしょう。
特に大人数で集まった時に、タメ口を使うことで、周りの人は、「二人はもしかしたら親密な関係なのかな」と思ってしまいますよね。
年下男性の狙いはそこです。他の男性にあなたを取られたくない、という意思がはっきりしていて、嫉妬心を持ちやすい男性に多い行動です。
完全に脈がありますが、他の人もあなたに対してタメ口を使い始めると、年下男性が気分を損ねてしまうこともあるので注意しましょう。

スポンサードリンク

タメ口はお互いの距離を縮めるチャンス!

年下男子が敬語からタメ口になった脈アリの心理!対策とNG行為!

年下男性が敬語からタメ口を使ってきたのであれば、それをきっかけに自分からも積極的に行動すると恋愛につながるチャンスをとなります。
自分から行動し、関係をもっと深めていきましょう。

呼び捨てで呼び合おう!

年下男性がタメ口を使ってきた際に、「呼び捨てで呼んでよ」と言ってみましょう。
これからはタメ口でしかも呼び捨てでお互いに呼び合うことで、さらに距離が縮まりやすくなります。
タメ口や呼び捨ては多少恥ずかしさもありますが、急接近するためにはぴったりです。
もちろん会社の同僚であれば、周りの人の目も気にしながら、タメ口や呼び捨てを楽しみ、関係を深めていきましょう。

デートに誘おう!

タメ口で会話ができるようになったら、唐突だとしてもデートに誘っても、ひかれることがなく、むしろ喜んでもらえるでしょう。
男性からの誘いを待っているのではなく、「今度一緒にごはんに行こう」と気軽に自分から声をかけてみましょう。
年下男性の中には、恋愛経験が少なかったり、自分に自信がなかったりして、タメ口を使う勇気はあっても、食事に誘う勇気はない人も結構いるものなのです。

スポンサードリンク

年下男性へのNG行為は?

年下男子が敬語からタメ口になった脈アリの心理!対策とNG行為!

いくら脈があったとしても、発言や行動に気を付けなければ、年下男性の気持ちが萎えてしまうことはあるものです。
そうならないためにも、年下男性へのNG行為を見ていきましょう。

子供扱いする

年下男性がタメ口を使い始めたら、もう年下扱いすることはやめましょう。
年齢差がいくらあっても、相手が望んでいるのは対等な関係なのです。この際年齢差は気にせず、発言や行動には気を付けましょう。
とくに年下男性に対して、「まだまだ子供だね」、「考え方が若いね」などと言ってはいけません。
世代による違いを感じ、「結構世代で違うものだね」と率直な感想を言うのは良いですが、年下男性が知らないことを鼻で笑ったり、バカにしたりするのはNGです。

母親のような説教

年下男性と一緒にいると、どうしてもダメ出しや説教をしたくなってしまうこともあるはずです。
けれど年下男性は、年上女性に何かを説教されるだけで、自分の母親に言われているような感覚を得てしまうのです。
そうすると急に恋愛感情があったにその気持ちも消えてしまうこともあります。
年下男性に対しては、ダメ出しや説教をすることはなく優しく見守りましょう。
もちろん付き合い始めて十分に信頼関係ができてから、本当に指摘したいことははっきりと言うと良いでしょう。

奢ってあげる

年下男性よりも収入が高かったり、金銭的に余裕があったりしても、奢ってあげる行為はNGです。
最初は対等な関係を保ちたいと思っていた年下男性も、奢られていくうちにだんだんと、「このままヒモでいいや」と考えが変化してしまう恐れがあるのです。
また奢られると自分に自信がなくなってしまうものです。「奢るよ」と言う女性の言葉を聞くたびに、「この人とは一緒にいたくない」、と思ってしまうのです。
自分を卑下しなくても一緒にいて楽しい関係を求めているのです。

年下男子と付き合う前のデート!成功させる為に注意すること!

スポンサードリンク

まとめ

年下男子が敬語からタメ口になった脈アリの心理!対策とNG行為!

 

年下男性が敬語からタメ口で話してくるようになったら、脈アリのサインの一つとして受け取って良いでしょう。
けれどタメ口をきっかけに、女性の方からも行動し、また年下男性へのNG行為も取らないように気をつけ、恋愛に繋がるように努力しましょう!
きっと年下男性と素敵なカップルになれるはずです。

年下男子の落とし方のポイント注意点!好かれる女性とは??

あたしだって…本気で悩んで

本気で泣いちゃう時もあるんだよ。

そんな時につい頼ってしまう。

友達に相談しても

あたしが悪いとか。そんな相手やめた方がいいよって

本当に無責任。しかも、その後なんだか気まずいし…

だったらあたしは思いっきって電話占いを選んでみました。

安くはないから毎回は出来ないけど!www

まぁー悩んでるなら試してみるのもアリかも!

↓↓↓

電話占いオススメ12選!まぁ見てみて!w

年下男性カテゴリの最新記事