告白させる流れ!相手から告白させる手順8選

告白させる流れ!相手から告白させる手順8選

 

自分から告白するのも良いけど、できることなら相手に告白されたいと思いませんか?

 

好きな人から告白されれば、相思相愛であるのがハッキリ分かっていいですよね。

 

実は、相手に告白させるのはやり方次第で、

 

  1. 相手との関係作り⇒世間話でもイイから話せる関係になる、電話番号やメアドを手に入れる、気軽に連絡できる仲になる
  2. 会って時間を共有⇒軽い気持ちで食事に誘ってみる、2~3回はデートをしてみる、時には黙って様子見も必要
  3. 適度に好意を表現⇒彼氏が欲しいコトを軽くアピールする、さりげなく好きだと伝える

 

の3ステップが、大きなカギを握っているんです。

 

もっとも大事なのが相手との関係作りで、コレなしに相手からの告白を狙うのは超難関ですよ。

 

今回は、相手から告白させる流れ・手順について、8つポイントを挙げてみました。

 

スポンサードリンク

「まずは友達から」が基本!少なくとも連絡できる関係になろう!

 

自分から告白すると、「まずは友達からよろしくね。」と言われるコトもあるかも知れません。

 

でも、相手との関係によっては、相手に「友達からスタートしたい。」と言われるのも仕方がありませんよ。

 

それほど親しくもない相手に惚れるコト自体、なかなか無いコトですから。

 

相手から告白されたい場合でも、自分から告白する場合と基本的な考え方は同じです。

 

まずは友達関係を築くところから始めて、少なくとも連絡できる関係になる必要があります。

 

相手から告白させる流れの中でも、相手との関係作りの手順を紹介しましょう。

 

相手から告白させる手順①世間話でもイイから話せる関係になる

相手と仲良くなる最初のステップとして、まずは「世間話でもイイから話せる関係になるコト」です。

 

  1. 挨拶できる関係
  2. 世間話ができる関係
  3. 共通の話題ができる関係

 

と言うふうに、最終的にステップアップできるのが理想的です。

 

まだそれほど話したコトがない相手なら、まずは世間話ができる関係を目指してみてください。

 

相手から告白させる手順②電話番号やメアドを手に入れる

ある程度話ができる関係になれたら、「電話番号やメアドを手に入れるコト」を目指しましょう。

 

相手の電話番号やメアドを手に入れる場合、

 

  • 事務的な連絡をする
  • ものの貸し借りをする

 

などの目的があると、簡単ですよね。

 

もちろん、相手と仲良くなって電話番号やメアドを聞けるなら、それでもOKですよ。

 

自分に合った方法で、頑張って相手の電話番号やメアドを手に入れましょう。

 

相手から告白させる手順③気軽に連絡できる仲になる

相手から告白する手順として、「気軽に連絡できる仲になるコト」も大切ですよ。

 

いや、むしろココまでの関係を築けないと、相手から告白される可能性は高まりません。

 

「気軽に連絡できる仲」の基準が難しいところですが、

 

  • 友達として適度に連絡が取れる(まだ女友達より少ない頻度でOK)
  • 連絡して共通の話題を語れる

 

などができれば、条件クリアと考えて良いでしょう。

 

最初の連絡はやはり、思い切りが大事ですよ。

 

連絡だけでは前進できない?会って時間を共有するコトも大事!

 

気軽に連絡が取りあえる関係になれたら、相手と会って時間を共有するコトも必須ですよ。

 

相手と会って時間を共有できるコトと言えば、

 

  • 食事
  • 飲み会
  • 映画館

 

などがありますよね。

 

但し、最初の約束からデートを感じさせる場所は、相手が警戒してしまう可能性も!

 

ちょっとした食事、仲良し3~5人組の飲み会、お互いに興味のある映画くらいにしておきましょう。

 

では、相手に告白させる流れの中でも、相手と時間を共有する方法を紹介します。

 

相手から告白させる手順④軽い気持ちで食事に誘ってみる

相手と時間を共有するためには、まずは「軽い気持ちで食事に誘ってみるコト」です。

 

「軽い気持ちで」と言うからには、もちろん真剣さを感じさせる誘い方はNGですよ。

 

それは相手との関係が築けて、告白する時or告白される時にしてくださいね。

 

初めのうちは軽い気持ちで、

 

  • 気になってるお店があるんだけど、一緒に行ってみない?
  • 前にこの映画が気になるって言ってたよね?一緒に見に行かない?

 

など、話題のお店や映画にスポットを当ててみるのがおススメです。

 

相手から告白させる手順⑤2~3回はデートをしてみる

相手から告白されるまでの準備段階として、「2~3回はデートをしてみるコト」です。

 

初回のデートではお互いに、まだ緊張感が強い状態です。

 

2回目、3回目のデートになれば、ある程度は緊張感が抜けるでしょう。

 

ただ、あまりに緊張感が抜けすぎても、友達として落ち着いてしまうリスクも!

 

「相手の友達」ではなく「相手の恋人」になるには、適度な緊張感があった方がイイですよ。

 

相手から告白させる手順⑥時には黙って様子見も必要!

相手の恋人になれると確信できるまでは、「時には黙って様子見も必要!」ですよ。

 

「恋愛は押すばかりでなく引くコトも大事!」なんて、よく言いますよね。

 

まさにその通りで、

 

  • 自分から連絡する
  • 自分からお誘いする

 

など、自分が積極的な状態ばかりが続いてもダメなんです。

 

相手から告白させたいなら、ますます相手を積極的にさせるコトが必須!

 

  • 自分から連絡した後は、黙って相手の返事を待つ
  • 自分からお誘いしてデートした後は、暫く相手の反応を待つ

 

などを試して、もし相手から連絡やお誘いがあればラッキーです。

 

逆に、相手が反応なしの場合は、今の段階では告白される可能性は低いものと考えられます。

 

暫くして落ち着いてから、また連絡やお誘いして相手の反応を待ちましょう。

 

スポンサードリンク

適度に好意を見せるのも効果的!しつこくない程度にアピールを!

 

相手に気軽に連絡したり、何度かデートできる関係になれたら、適度に好意を見せるのも有りです。

 

但し、相手に告白されるまでは、本気の好意は伝えてはダメです。

 

ここで相手に警戒されてしまっては、今までの努力が水の泡になってしまいますよ。

 

しつこくない程度のアピールにしておいた方が、相手に告白する余裕を残しやすいです。

 

では、相手に告白させる流れの中でも、適度な好意の見せ方を紹介しましょう。

 

相手から告白させる手順⑦彼氏が欲しいコトを軽くアピールする

適度に好意を見せるのにおススメなのが、「彼氏が欲しいコトを軽くアピールするコト」です。

 

「彼氏が欲しいアピールが、なぜ好意を見せるコトになるの?」なんて思いませんか。

 

基本的に苦手な異性、どうでもいい異性に「彼氏が欲しい!」とはあまり言わないのでは?

 

異性に「彼氏が欲しい!」と言うとしたら、大抵は安心できる人だったり、好きな人だったりするでしょう。

 

もちろん、連絡やデートのたびに「彼氏が欲しい!」と言うのは、しつこいアピールになるのでNGですよ。

 

会話の流れでさりげなく、「彼氏が欲しいな。」と言うくらいが丁度いいです。

 

相手から告白させる手順⑧さりげなく好きだと伝える

「さりげなく好きだと伝えるコト」も、相手に告白する気を起こさせるのに効果的です。

 

とは言っても、はっきり言い切ってしまうと、あなたが告白するコトになってしまいますよね。

 

  • 〇〇さんのこういうところ素敵だね。
  • □□さんみたいな優しい人、好きだな。
  • イメチェンした?凄く似合ってるよ。

 

さりげなく好きだと伝える場合、「好き」と言う言葉を使わなくてもOKです。

 

「素敵」とか「似合ってる」「カッコいい」など、褒め言葉でもさりげなく好意を伝えられます。

 

「好き」と言う言葉が使いにくいなら、褒め言葉を上手に使うのも有りですよ。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

相手から告白させる流れ・手順について、8つポイントをまとめてみました。

 

  1. 相手との関係作り⇒世間話でもイイから話せる関係になる、電話番号やメアドを手に入れる、気軽に連絡できる仲になる
  2. 会って時間を共有⇒軽い気持ちで食事に誘ってみる、2~3回はデートをしてみる、時には黙って様子見も必要
  3. 適度に好意を表現⇒彼氏が欲しいコトを軽くアピールする、さりげなく好きだと伝える

 

相手に告白させるのは一見難しそうですが、上記のステップを上手くクリアすれば不可能ではありません。

 

失敗する人にもっとも多いのが、短期的に結果を求めてしまうコトです。

 

恋愛には前段階の関係作りも必要なので、場合によっては長期戦になってしまうコトも!

 

好きな人と幸せになるためにも、少しずつ確実に相手と距離を縮めていきましょうね。

 

 

告白カテゴリの最新記事