片思い失恋。悔しい気持ちはなぜ思うのか?

片思い失恋。悔しい気持ちはなぜ思うのか?

片思い失恋すると、ショックで悲しい気持ちになりますよね。

それと同時に、悔しい気持ちにもなります。

 

片思い失恋すると、まず最初に

自分という存在を受け入れてもらえない

自分の人格を否定されている気がする

という感情になります。

この感情により、悲しい気持ちだけでは収まり切れなくなります。

 

他にも、

片思い失恋の仕方

相手の様子

などが悔しさの原因として挙げられます。

それでは、片思い失恋して悔しい気持ちになる具体的な理由について説明していきます。

一つの選択肢に

新しい出会いを求めてみても大丈夫ですよ。

今のままで本当にいいですか?

一度、覗いてみてくださいね!↓↓をクリック

※18未満はご利用頂けません。

悔しい気持ちはなぜ思う?

片思い失恋すると、悲しい気持ちやショックを受けるといった感情の他に、悔しいという感情にもなることもあります。

その悔しいという気持ちの原因は、失恋したときにどんな状況だったかが関係しています。

悔しい気持ちはなぜ思う?①存在を受け入れてもらえない

片思い相手に告白するということは、自分という存在を受け入れてもらいたいということでもあります。

自分という存在を受け入れてもらわないことには、恋愛に発展しないからです。

つまり、付き合うということは、お互いにお互いの存在を受け入れているということになるのです。

しかし、片思い相手に勇気を出して告白をしても、振られて失恋となった場合、自分の存在を受け入れてもらえなかったということになってしまいます。

そこから、悔しいというという気持ちが湧いてくるのです。

 

頑張って、勇気を振り絞って告白したのにも関わらず、結果、振られてしまったことで、自分の何がダメだったのか、存在を受け入れてもらえないことで、悔しさだけが残ってしまいます。

もし、振られた後の片思い相手からのフォローが少しでもあれば、悔しいという気持ちになることはないかもしれません。

振られ方にもよるということですね。

スポンサードリンク

初回サービスおすすめ占いまとめはこちらから!

悔しい気持ちはなぜ思う?②人格を否定されている気がする

これは、失恋した時に、あなたの性格のダメなところを言われたり、ダメだしされたりすることで、悔しい気持ちになるパターンです。

人は、誰かにダメ出しをされたり、悪く言われたりすると、まるで自分の人格まで否定されているかのような気持ちになることがあります。

その相手が、好きな相手だと、なおさら思うことでしょう。

 

たとえば普通は、片思い相手に告白をして、振られてしまうと、「自分のどこが悪かったのか」とあれこれ考えてしまうものです。

それは、ただ「ごめんなさい」「付き合えません」と一言で簡単に言われて、失恋することで、具体的に何が原因なのか、付き合えない理由などを言われないからです。

 

しかし、実際に、そういった自分の悪い部分や付き合えない理由を相手から言われたり、指摘されてしまうと、まるで自分の人格を否定されているような気がして、悔しい気持ちになってしまうのです。

きっと、悲しい気持ちや失恋によるショックよりも、悔しい気持ちが勝ってしまうかもしれません。

スポンサードリンク

悔しい気持ちはなぜ思う?③片思い失恋の仕方

片思い失恋の仕方にもいろいろあります。

たとえば、告白して振られる場合もあれば、片思い相手に、すでに付き合っている人がいた場合でも、同じ失恋ということになるでしょう。

片思い相手に付き合っている人がいて、失恋してしまった場合は、告白して振られるよりもモヤモヤとした感情が残ってしまいます。

それは、自分が片思いしていることを好きなことを相手に伝えることすら、できないからです。

 

さらに、その片思い相手が付き合っている人が、自分より可愛くなかったり、自分の嫌いな人だった場合もモヤモヤとした感情が大きくなり、悔しいという気持ちに変わるのです。

また、片思い相手が付き合っている相手が、自分の仲の良い友達だった場合も、裏切られたようで、悔しいという気持ちになることでしょう。

告白もしてないのに、失恋するのは切ないくもありますよね。

スポンサードリンク

悔しい気持ちはなぜ思う?④失恋した時の相手の様子

失恋した後の感情には、片思い相手の様子がかなり関係してきます。

告白した後に、丁寧な態度で断られると、失恋しても悔しいと思うことはないでしょう。

 

しかし、嫌な態度を取られらり、馬鹿するなどの態度をとられたりすると、いくら片思いしている相手でも、嫌です。

そこから、悔しいという感情になるのです。

せっかく、告白をしたのに、そのような態度を取られると、なんだか裏切られたような気分にもなります。

 

たとえ告白する前は、良いイメージしかなかった片思い相手でも、告白してみると、嫌な面が見えてしまうこともあるものです。

告白した時の対応で、相手の人格の一部が見えるとうことです。

逆に考えれば、そんな相手と付き合わずに済んだと思っても良いでしょう。

悔しい気持ちになっても大丈夫

失恋して、悔しい気持ちになったことで自己嫌悪になったり、心がモヤモヤして失恋を忘れられないこともあるでしょう。

失恋したのに悔しい気持ちになってしまった自分を不安に思うかもしれません。

しかし、失恋して悔しい気持ちになった時のメリットもあるのです。

スポンサードリンク

悔しい気持ちになっても大丈夫①失恋から早く立ち直れる

失恋して、ショックを受けたり、悲しい気持ちのままでは、いつまでたっても失恋から立ち直ることはできません。

しかし、悔しい気持ちというのは、失恋から早く立ち直らせてくれるのです。

新しい恋愛に進むためには、まず失恋から立ち直ることが必要があります。

これが、なかなかできなくて悩んでいる人も多くいるのです。

 

悔しい気持ちになったおかげで次の恋愛に向けて、他の人よりも早く、スムーズに前に進み始めることができるというメリットがあるのです。

悔しい気持ちになっても大丈夫②メンタルが強くなる

失恋というのは、人を成長させます。

悲しみ、苦しみも乗り越えることで、メンタルを強くしてくれます。

それと同じで、失恋で感じた悔しさも、バネとなってメンタルをより強くしてくれるのです。

生きていくうえで、メンタルの強さは、もっとも重要です。

そんなメンタルを手に入れることができるのも、失恋を経験し、悔しい気持ちになれたあなただからこそ、できるとうことです。

スポンサードリンク

悔しい気持ちになっても大丈夫③もっと素敵な人と出会える

失恋した時に、悔しい気持ちになるのは、いつか「相手を見返してやる」「もっと素敵な人をつかまえてやる」といった、やる気に変わります。

悔しさがバネになったやる気は、ものすごい力を発揮してくれます。

自分磨きにもいっそう力が入ること間違いありません。

自分のダメなところを見つめなす良いきっかけにもなるかもしれません。

やがて、悪い部分を直し、自分を受け入れ、さらに自分に自信が持てるようになっていくのです。

その結果、あなたは見違えるほどに成長するでしょう。

 

そして、必ず失恋したときよりも、もっと素敵な相手に出会うことができるのです。

まとめ

失恋したのに、どうして悔しい気持ちになるのか、不安になるのではなく、その原因を考えてみましょう。

自分という存在を受け入れてもらえない

自分の人格を否定されている気がする

片思い失恋の仕方

相手の様子

特にこの4つが失恋して、悔しい気持ちになった時の原因として考えられるものなのです。

 

たとえ、失恋して悔しい気持ちになっても、不安になったり、自分を責めることはありません。

悔しい気持ちにも、メリットがきちんとあるのです。

失恋して、悔しい気持ちになるのは、新しい恋へのスタートであり、チャンスなのかもしれません。

一つの選択肢に

新しい出会いを求めてみても大丈夫ですよ。

今のままで本当にいいですか?

一度、覗いてみてくださいね!↓↓をクリック

※18未満はご利用頂けません。

片思いカテゴリの最新記事