片思い失恋したのに悲しくない理由10選!

片思い失恋したのに悲しくない理由10選!

 

片思いは、辛いものです。

片思いからの失恋はもっと、悲しくて辛いですよね。

しかし、そうでない場合もあるのです。

 

その理由には

片思いしている相手への思い

気持ちの変化

失恋した時の状況

この3つのポイントが関係しています。

さっそく、失恋したのに悲しくない理由を詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

片思い失恋したのに悲しくない理由→片思いしている相手への思い

片思い失恋が、悲しくない理由には、片思いしている相手への思いの大きさになります。

片思い相手への思いが小さければ小さいほど、悲しみも小さいということになります。

片思い失恋したのに悲しくない理由①他に大切な人がいる

片思いしている相手が、一番では大切ではないということです。

片思いしている相手の存在が、そこまであなたにとって重要ではなかった場合、心の負担やダメージを与えることはないでしょう。

 

たとえば、友達や幼馴染、家族など、片思いしている相手よりも大切な人がいれば、失恋したからとって、そこまで悲しむこともないでしょう。

もちろん、片思いしていたため、「好き」という気持ちに嘘は一つもないのです。

好きでなければ告白もしませんからね。

しかし、片思いしていた相手をどのくらい大切に思っていたかが悲しさに比例するのです。

片思い失恋したのに悲しくない理由②本気で好きではない

好きか嫌いかで言えば「好き」という程度の片思いだと、本気で好きだったとは言えません。

片思い相手のことを本気で好きではなかった場合、失恋した時も同様に本気で悲しむことはないでしょう。

何事も、思いに本気さがあればあるほど、叶わなかったときの悔しさや悲しみがあるものです。

失恋してもノーダメージで、済ませられるということです。

片思い失恋したのに悲しくない理由③片思いしている期間が短かった

片思いしている時間が長ければ長いほど、失恋した時の辛さは大きいものです。

それは、片思いしている人のことで心が埋め尽くされている状態から、失恋してしまうことで、心の中にぽっかりと穴が開いてしまったような状態になってしまうからです。

まるで、希望が消えたような感じです。

 

それに比べ、片思いしている期間が短いということは片思いしている人のことを考えている時間も短いということになります。

そのため、失恋しても心にぽっかり穴が開くようなことはありません。

その結果が、悲しくないということにつながっているのでしょう。

片思い失恋したのに悲しくない理由④最初から諦めていた

片思いの恋には、いつか恋が叶って、「付き合えるかもしれない」、「付き合いたいな」という思いを持っている人が多いはずです。

しかし、そんな期待を持っているのにも関わらず、失恋することになれば、ショックは大きくなります。

 

ですが、期待とは反対に、片思いしている段階から、「恋が叶うわけがない」「どうせ付き合うことなんてできないだろう」と、心のどこかで諦めていた場合、失恋という予想通りの結果に驚くことはないでしょう。

もともと諦めていたのなら、その恋が叶わなくても、「やっぱり、そうだよね」くらいにしか思わないということです。

また、諦めていたということは、期待をしていないことになるので、もし片思いの恋が叶ったらラッキーという程度の思いなのです。

片思い失恋したのに悲しくない理由→気持ちの変化

最初は、純粋に好きで好きでたまらなかった相手でも、気持ちに変化が起こることで、悲しくなくなるのです。

そんな片思いしている相手への気持ちに変化が起こるのは、人によって違います。

また、変化の仕方も人によってさまざまなのです。

片思い失恋したのに悲しくない理由⑤冷めてしまった

「熱しやすく冷めやすい」という言葉があるように、最初は好きで好きでたまらなくてもそんな思いが冷めてしまうことがあります。

 

たとえば、片思いしている相手の嫌な一面を見てしまった、冷たい態度をとらてしまった、または、他の女性と仲良くしている姿を見てしまったなど、気持ちが冷めてしまうきっかけは、人によってさまざまです。

一度、冷めてしまった思いは、なかなか元にはもどりません。

冷めてしまうというのは、嫌いになったというのとは違いますが、少し近いものがあります。

好きという気持ちがあったとしても、気持ちが冷めてしまっていたら、悲しいという気持ちにはならないでしょう。

片思い失恋したのに悲しくない理由⑥悲しさが怒りに変わる

人は失恋した時、悲しくなる、ショックを受けるなど、その感情は人によってさまざまです。

中には、失恋した時に、「ムカつく」「振られて嫌いになった」という思いから、悲しみが怒りに変わる人もいます。

悲しみが怒りに変われば、悲しくありません。

むしろ、怒りの感情が強くなります。

ただ、その怒りという感情で、失恋した悲しさを紛らわせているという場合もあるかもしれません。

片思い失恋したのに悲しくない理由⑦応援したくなった

片思いしていた相手に振られて失恋してしまっても、悲しさではなく、応援したいという感情に変化することがあります。

それは、たとえば片思いしている相手に他に好きな人がいたり、夢を実現するために頑張っているからという理由で振られた場合、失恋を悲しむのではなく、応援したくなるということです。

 

片思いしていた、好きな相手だからこそ、頑張ってほしい、夢を叶えてほしいなどと、応援したいという気持ちになるのです。

マイナスの感情から、応援したいというプラスの感情に変わるというわけです。

 

スポンサードリンク

初回サービスおすすめ占いまとめはこちらから!

片思い失恋したのに悲しくない理由→失恋した時の状況

失恋した時のあなたの感情や状況によって、失恋の悲しさを味わうことには、ならないことがあります。

人は状況が変わると、気持ちも変化してしまいます。

片思い相手への好きという気持ちはあっても、その時の状況次第で、悲しいという気もちが他の感情へ変化することもあるということです。

片思い失恋したのに悲しくない理由⑧他に気になる人がいる

片思いしている相手の他にも、気になる人や好きな人ができてしまっていた場合です。

最初は、片思いしている相手一人のことで頭を埋め尽くされていたのに、途中から他に気になる相手のことも考えるようになることで、片思いしている相手への思いは半分になってしまいます。

そのため、失恋しても、そんなに悲しくないということです。

 

むしろ、失恋した恋はきっぱり諦めて、もう一つの恋に集中できるかもしれませんね。

片思い失恋したのに悲しくない理由⑨思った人と違っていた

片思いしていた相手が、思っていた人と違っていた場合、好きだった気持ちに変化が起こります。

思っていた人、イメージしていた相手が好きだったのに、そのイメージとは違っていれば、好きではなくなるのです。

これは、イメージしていた相手より、「なんか嫌だな」「変わっておかしいな」など悪い印象になった場合です。

良い印象から悪い印象になっているので、むしろ失恋してよかったと思うかもしれませんね。

 

たとえば、片思いしている相手の嫌な一面を見てしまったり、何か嫌なことを言われたりしたときに、気持ちが変化します。

人は、見た目で勝手なイメージを持ってしまいますが、意外とイメージとは違っていることが多いですよね。

片思い失恋したのに悲しくない理由⑩忙しい

恋愛をするのには、時間や心の余裕が必要です。

しかし、仕事や部活など、忙しい状況にあって、時間に追われていたりすると、恋愛は後回しになります。

つまり、失恋しても、忙しさから悲しむ余裕がなくなるということです。

忙しいということが、プラスになっているのかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

片思い失恋したからとって、必ずしも悲しいというわけではありません。

それは

片思いしている相手への気持ちの大きさ

失恋した時の状況

気持ちの変化

が原因となっていることが多いです。

 

失恋して悲しんでいると、立ち直るのにも時間がかかってしまいます。

しかし、悲しむ間もないくらい、早く立ち直ることができれば、次の恋に向けてすぐに前向きになることができるのです。

「みんなの電話占い」は恋愛相談が今なら初回特典!最大21.000円の鑑定が無料!!

詳しく知りたい方は↓↓

みんなの電話占いのおすすめの利用の仕方

経験豊富な先生達に貴方と相手の状況をまず話をして見てくださいね!

片思いカテゴリの最新記事