年上彼氏との敬語をやめたい!心理を理解すれば変えられる!!

年上彼氏との敬語をやめたい!心理を理解すれば変えられる!!

 

年上の彼氏と付き合い始めてくると、そろそろ敬語を辞めたいな、、、と思う時期がやってきます。

そんな時は、どうしたらよいのでしょうか。

実はとても簡単に変えることが出来るのです。

彼との敬語を辞めることが出来る簡単な方法をご紹介します。

それは、

・あなたの敬語の心理と年上彼氏の敬語の心理を理解する

・脱敬語作戦

・敬語抜き会話にチャレンジ

・会話が弾むポイント

です。

 

 

スポンサードリンク

あなたの敬語の心理

まずは、現在のあなたと彼の気持ちを想像してみます。

敬語を辞めたいと思って悩んでいる今のあなたの胸の内は、

もっと心の距離を縮めたいな、、、

と思っているのではないでしょうか。

大好きな彼氏と仲良くなってきたのになかなか敬語が抜けないのはどうして?

よそよそしい感じがして寂しいな、、、と思っているのではないでしょうか。

 

あなたの敬語の心理①甘えたい

お兄ちゃんの様に優しくて、お父さんの様に頼りがいのある彼氏に

もっと気を許したいな、、、心の底から甘えたいな、、、

と思っているのではないでしょうか。

 

あなたの敬語の心理②嫌われたくない

その一方で、

「なれなれしいと思われた嫌だな」

「敬語じゃないと失礼な気がするな」

「何だか軽い感じがするな」

と急に敬語を辞めてしまうことに不安を感じているのではないでしょうか。

 

あなたの敬語の心理③心配無用

あなたを不安にしている思いとは何なのでしょうか。

急に敬語抜きの会話を始め場合、

「馴れ馴れしいな」「失礼だな」「軽いな」

という印象を与えてしまったらどうしよう、、、

彼は引いてしまうかもしれないな、、、

「常識がない」「頭が悪いな」「下品だな」

彼に最悪の印象を与えてしまったら、悲しい、、、

といった思いでしょうか。

あなたが彼をとても尊敬していたり、彼への憧れの気持ちが強い場合は、

敬語を辞めて会話することは、とてもハードルが高く感じられるかもしれないですね。

これまで通り相手を尊敬や尊重する姿勢は変えず愛情を持って会話をすれば、

彼氏があなたに対して失礼だと感じることは、絶対にありません。

 

 

年上彼氏の敬語の心理

では、彼は現在どう思っているのでしょうか?

実は、彼もあなたと同じように敬語で会話し続けていることに、

違和感を持っている可能性があります。

 

年上彼氏の敬語の心理①堅苦しくて窮屈な感じ

いつまでも敬語で会話し続けていると、堅苦しくて窮屈に感じで疲れてしまいます。

大好きなあなたと一緒にいたいし、もっとリラックスして会話を楽しみたいと思っているかもしれません。

 

年上彼氏の敬語の心理②母性を感じて安心する

男性はお母さんが大好きです。

お母さんは子供に敬語を使って話しをしたりしませんよね。

男性は敬語抜きで会話することを望んでいる場合が多いのです。

目を見て笑顔で話しかけてくれれば、男性は安心し癒されること間違いなしです。

 

年上彼氏の敬語の心理③彼女に無理強いをしたくない

では、彼の方から敬語を辞めようと提案してくれないのはなぜなのでしょうか?

あえてあなたを思いやって、言わないだけなのかもしれません。

これは彼の優しさですね。

「あなたの好きなタイミングで敬語を辞めてくれればいい」

と、長い目で見て待っていてくれているのかもしれません。

 

年上彼氏の敬語の心理④心を許してきたと感じてうれしい

もしあなたが敬語を辞めて会話を始めてくれたら?

あなたが彼と感じている距離感は、彼も同じように感じています。

あなたがもっと近づきたい、距離を縮めたいと思っているなら、彼も同じように思っているのです。

あなたが敬語を辞めて話してくれたら、彼は、心を許してきてくれたんだなときっと喜んでくれるでしょう。

 

 

スポンサードリンク

初回サービスおすすめ占いまとめはこちらから!

脱敬語作戦

さて、頭で考えていても始まりません。

早速、実践に移してみましょう。

急に敬語を辞めると決めると、なんだか気恥ずかしい気がしますね。

慣れないというか、変な空気が流れそうで、、そんな雰囲気に耐えられない、、

と思ってしまいます。

ほんの少しだけ頑張りましょう。

すぐに慣れてしまってあっという間に馴染んでしまいます

相づちを変えてみる

YESの気持ちを「うん!」「そう!」「OK!」と言ってみましょう。

明るく可愛く元気に言うのがポイントです。

年下彼女の強みであるの若さやフレッシュさも相まって、

年上の彼氏は「なんだか可愛いな」と思ってくれると思います。

 

語尾だけ変えてみる

「〇〇だね」「○○だよ」といった風に、語尾をを変えてみましょう。

あくまでも可愛らしく、イメージとしては語尾に♡マークを付けるイメージです。

甘えてくれている感じが伝わって、彼も笑顔になってくれるでしょう。

間違っても語気を強めたりしてはいけませんよ。

 

“です・ます” 抜きで会話してみる

「すごい!」「面白い」「うれしい」「幸せ」といった、あなたの感情を“です・ます“を省いて表現してみてください。

よりフランクでカジュアルな会話になると思います。

彼も気兼ねなく会話することが出来て、いつもより会話が饒舌になるかもしれませんね。

 

 

スポンサードリンク

敬語を馴染ませる方法

 

いつから敬語抜きの会話を始めたらいいのでしょうか。

 

メールや電話口で

まだまだ恥ずかしくて面と向かっては無理という人は、

まずはメールから敬語抜きにチャレンジしてみましょう。

LINEスタンプにはビジネスにも使える敬語バージョンと、お友達用のカジュアルバージョンがありますよね。

そのカジュアルバージョンを彼にも送ってみましょう。

最初の一歩としては、違和感がなくて良いかもしれません。

そして、次なるチャレンジは通話です。

ドキドキしますね。

顔が見えない分、恥ずかしさは少ないはずです。

意外と大胆に慣れて、良いきっかけになるかもしれません。

 

ゲーム感覚で

「今日一日は敬語使用禁止の日」といったルールを決めて、

ゲーム感覚で敬語抜き会話にチャレンジしてみるのも楽しいですよ。

笑ったら負け!敬語を使ったら罰金!

などとペナルティを決めて行うと、彼も積極的にゲームに付き合ってくれるかもしれません。

 

キャラ設定で

2人が大好きなアニメやドラマがあったら、それを真似して演じてみるというのはどうでしょうか。

お兄ちゃんと妹の設定や、二人がお気に入りのカップルや夫婦の姿はありませんか?

それらを真似して会話してみるのも楽しいかもしれません。

 

 

スポンサードリンク

会話が弾むポイント

 

敬語を抜いただけで二人の距離がより縮まるかというと、そうではありません。

 

スキンシップと共に

敬語抜きの会話で心の距離が縮まるためには、スキンシップが不可欠で大事な要素になります。

会話だけで距離が近づくのではなく、実際に二人の距離が密接感を増すことで、

より親近感が生まれて強いつながりを感じることが出来ます。

正真正銘の仲良しカップルになれるのではないでしょうか。

 

ルールを

敬語抜きを意識しすぎて、会話が続かず、息が詰まりそうな、気まずい空気になったら辛いですね。

慣れるまでは、敬語を使うときのルールを設けると取り組みやすいですよ。

最初のうちは「最悪」「嫌い」といったネガティブな感情を表す言葉より、

「いいね!」「かっこいいね!」「大丈夫だよ」などとポジティブな感情を敬語抜きで言えるように意識してみましょう。

肯定されたり褒められたりするのは、悪い気はしませんよね。

彼も違和感を感じることなく、だんだんと馴染みやすいと思います。

 

 

まとめ

 

敬語を辞めることは簡単なことに気付いたでしょうか。

少しだけ勇気を振り絞って一歩前に進んでみましょう。

とにかく、恥ずかしさや違和感を感じないくらい、敬語抜きの状態に慣れることが大切です。

たった一日で、馴染んでしまうことがほとんどです。

敬語が抜けることで今よりも親密度が増して、さらにステキな二人の関係が気づけること間違いなしです。

大好きな彼を信じてまずは、あなたから行動に移してみましょう

優しい彼はあなたの健気に頑張っている姿をみて、もっともっと大好きになってくれるはずです。

 

 

「みんなの電話占い」は恋愛相談が今なら初回特典!最大21.000円の鑑定が無料!!

詳しく知りたい方は↓↓

みんなの電話占いのおすすめの利用の仕方

経験豊富な先生達に貴方と相手の状況をまず話をして見てくださいね!

年上男性カテゴリの最新記事